井戸の祟り

昔はどの家庭にも井戸があり、その恩恵にあずかってきました。

 

しかし現在は、水道の普及や住宅の建設に伴い、井戸が使われなくなってそのまま放置されたり、「お断り」もなく勝手に埋め立てたため、龍神様の怒りを買ってしまい、様々な不幸事に見舞われる人が多くなっています。

 

井戸を掘るときでも、本来であれば地鎮祭などをし、ちゃんと「お断り」をした上で井戸を掘らなくてはいけないのですが、昨今はそれすらもせず、人間は断りもなく勝手に穴を掘り、また勝手に埋めてきます。

 

井戸があった場所を埋め、その上に家を建ててしまう人も多く、家を建てた途端に悪い事ばかり起こるという報告も多々あります。

 

このような井戸を「お断り」もなく勝手に埋めてしまうと、龍神様のお怒りに触れてしまい、様々な“原因不明”な不幸事に見舞われることになります。

 

 

具体的には、

 

・その家の人間に、水にまつわる事故や病気が多くなる。

 

・神罰で頭をやられ、おかしな言動をするようになり、その家から精神病に

 かかる人が多くでる。

 

・原因不明の難病に突然かかる。

 

・何をやっても上手くいかないなど、運気が下がる。

 

 

など、病院では解決できない問題に悩まされる事となります。

 

井戸を埋めるということは、神様(龍神様)を生き埋めにしているという事であり、さらにその上に家を建てたり駐車場にしたりする行為は、神様(龍神様)を土足で踏むという事です。

 

そのような礼儀もなく「バチ当り」なことをしていれば、龍神様がお怒りなるのは当然であり、そのため神罰として人間の「核」である頭を狂わされてしまう事も多々あるそうです。

(これが精神病となります)

 

井戸の祟りとは、神様を蔑ろにし、自分の事しか考えず好き勝手をしてきた人間への「神罰」に他ならないのです。

 

 

 

埋井祭やお祓いなど、全ては形式でしかなく、効果はほぼ皆無といえます。

このサイトでは、井戸の埋め立てに関する霊的な問題を取り上げ、解決する最善の方法をお伝えします。

 

© 2013 アトランティス協

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now